マンション売却時の査定価格を上げるポイント

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> マンション売却時の査定価格を上げるポイント

マンション売却時の査定価格を上げるポイント

マンションを売却するために不動産会社に査定を依頼しても、査定額にそこまで大きな差は生まれません。もちろん、不動産会社はなるべく安く購入しようとするので、中には買い叩こうとしてあからさまに低い査定価格をつけるような信頼できない業者も存在します。そのような業者を避けたとしても、不動産の査定でチェックされるポイントは会社によってそう変わらず、結果的に似たような査定価格が出るケースが多いのです。しかし、査定価格を上げるためのテクニックは存在しており、簡易査定ではなく訪問査定でお願いするのが重要です。

簡易査定は不動産のデータを元にして査定する方法で、実際に不動産を見に行って判断するわけではありません。この簡易査定ではデータが全てなので、住み心地といった実際にマンションに住む人の印象などは考慮されないのです。それに対して訪問査定では実際に不動産をチェックした上での査定額なので、日当たりや景色といったデータにはない部分をアピールできます。そのため、マンションを売却するなら簡易査定より訪問査定の方が査定価格に期待できるのです。一方で、訪問査定の難点は住む上でのデメリットも考慮される点で、日当たりがよくないなどの難点を抱えているなら、逆に査定価格が下がる場合もあります。査定価格で有利なのがどちらかは実際に査定をお願いしないと分からない部分ではあるものの、住み心地に難点があると分かっているなら、簡易査定で無難な査定価格を求めるのも手です。

1社ではなく複数の会社に依頼するのも重要で、その中から高く評価してくれるところを選びましょう。不動産会社の大きさ、方針によっても査定価格は異なるので、大手ばかりを選ぶのではなく小さな所、地元の物件を中心に扱っている所など、多様な不動産会社に依頼するのがポイントです。先に書いたように劇的に査定価格が異なることはまずありえませんが、それでも差はあるので、複数の不動産会社に査定を依頼するのが基本です。どうしてもすぐにマンションを売却する必要があるならともかく、そうでないなら時期を見計らうのも有効です。税制面で有利な時期まで待つ、住み替えシーズンのように購入希望者が増える時期を待つなどして、マンションの価値を高める方法もあります。ただ、この方法は必ずしも査定価格によい影響を与えるとは限らず、景気などの影響によっては逆効果になる場合もあるので、判断が難しいのです。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.