売却に有利な間取りはあるか

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 売却に有利な間取りはあるか

売却に有利な間取りはあるか

マンションの売却に関わる要素は色々ありますが、その中でも間取りは重要なポイントです。あまり需要がない間取りの場合、売却もうまくいかずに売れ残るケースも珍しくはありません。1LDKの部屋は1人暮らしの人にとっては十分なのですが、マンションを購入する人の多くは家族で新居を探している人です。また、独身でお金を持っている人は2DKや2LDKといった間取りを希望する人も多く、結果的に1LDKはあまり人気がない間取りなのです。1LDKの間取りのマンションを売りに出す場合、何か他の付加価値がないと厳しいでしょう。

2DKと2LDKは人気が集まる間取りですが、2DKはマンションの購入ではなく賃貸で人気があります。2DKと2LDKは部屋数も変わらず、そこまで大きな違いはないのですが、やはり子供がいる家族はリビングが広い2LDKを選ぶ傾向にあるのです。一時的な住まいである賃貸なら値段がお手頃な2DKの需要もあるのですが、マンションの購入では2LDKの方に軍配が上がります。2LDKはマンションを購入する人にとっては最もスタンダードな選択肢であり、値段もお手頃なので人気が高いのです。子供が大きくなれば手放す人も多く、それなりにライバルが多いのですが、常に需要があるので売却する人にとっては有利な間取りと言っても過言ではありません。

2LDKと並んでマンション購入で人気なのが3LDKですが、一方で売却の面ではライバルが多く、2LDKより売れ残る危険性が高くなります。駅から遠いなど立地条件に難がある場合、3LDKは価格が下落する傾向があるので、かなり安く購入されるケースも出てくるのです。4LDKのマンションを求める人はさほど多くはなく、2LDKや3LDKと比べると需要の面では劣ります。ただ、ライバルもさほど多くはないので、あっさりと売却の話がまとまるケースもあるでしょう。やはり4LDKは価格の面がネックであり、景気がよくない場合は値下げを検討する必要もあります。

マンションは人が住むためのものですが、一方で投資としての側面もあり、投資用マンションと呼ばれる物件も多いのです。家賃収入目的の投資用マンションは売却される事は少なく、一方で安く購入して高く売るキャピタルゲイン方式の投資用マンションは、売却のタイミングが重要です。このような高く売るタイプの投資用マンションの場合、1Kの間取りも多いのですが、売却の面ではかなり厳しいのが実情です。高く売るどころかまるで売れないケースも多いのです。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.