売却時には一般媒介契約か専任媒介契約か

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 売却時には一般媒介契約か専任媒介契約か

売却時には一般媒介契約か専任媒介契約か

マンションを売却していく場合、不動産会社と媒介契約を締結するのが普通です。不動産会社が請け負う仕事や、手数料等が媒介契約には明記されているので、マンションを売却するなら詳しく知る必要があります。媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約があり、一般媒介契約は複数の不動産会社に仲介を依頼可能な契約です。ずっと複数の不動産会社に依頼するわけではなく、最終的にはどこかに絞る必要があります。この一般媒介契約には明示型と非明示型があって、明示型の媒介契約を締結してから他の不動産会社に仲介依頼したなら、最初の不動産会社にその事実を通知する必要があるのです。逆に、非明示型の媒介契約なら、他の会社に仲介依頼しても通知は必要ありません。明示型、非明示型のどちらであっても、自分で売却先を見つけた場合であれば不動産会社を通さず自由に交渉できます。

専任媒介契約は1社の不動産会社とだけ契約する方式なので、他の不動産会社とは契約ができません。しかし、自分でマンションの売却先を見つけた場合は話は別で、自由に交渉や契約に臨むことが可能です。また、専任媒介契約と似た専属専任媒介契約というものがあり、こちらは専任媒介契約とほとんどの面で同じです。ただ、専属専任媒介契約の場合は自分でマンションの売却先を見つけた場合でも、不動産会社を通して取引しなければいけません。マンションを親戚、知人といった人柄をよく知っている相手に売りたい場合でも、必ず不動産会社が話に絡む事になります。専任媒介契約と専属専任媒介契約は名前も似ているので、締結する契約がどちらなのか必ずチェックしてください。

一般媒介契約は不動産会社の競争を促す効果があるものの、一方で不動産会社からすればお金の無駄になる場合もあります。マンション売却のために仕事をしても、依頼者が他の不動産会社と話を進めるケースも珍しくはありません。そのため、不動産会社にとって一般媒介契約はデメリットが多く、専任媒介契約と比べると力を入れない傾向があります。専任媒介契約を締結した場合では、マンション売却の話がまとまれば不動産会社の利益は確実なので、広告費も多く使えるのです。一方で、専任媒介契約は他の不動産会社と契約できないので、あまりよくない不動産会社を選んだ場合はマンション売却にも悪影響が出ます。まずは一般媒介契約と専任媒介契約の長所と短所を知った上で契約に臨むのが重要です。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.