売却前にリフォームをするべきか?またその費用の相場は?

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 売却時には一般媒介契約か専任媒介契約か

売却前にリフォームをするべきか?またその費用の相場は?

なるべく部屋の状態を整えた方がマンションを売却する上で有利なのでは、そのように考えてリフォームに踏み切る人もいます。不動産会社によってリフォームをした方がよいか、しないでよいかで意見が分かれるので、判断が難しい問題です。物件によっても判断は変わるものの、基本的にはリフォームをしなくても問題はありません。

リフォームをしても売却に繋がるか、価格が高くなるかは未知数なので、無駄にお金を使うだけで終わるケースもあります。また、本格的にリフォームをするなら別のところに引っ越す必要があるので、これもデメリットです。さらに、マンションを購入する人の中には購入後にリノベーションを考えている人もいるので、そのような人にとっては事前のリフォームは不要な存在です。リフォームでかかった費用は売り出し価格に上乗せするのが普通なので、割高になるのも難点と言えるでしょう。

このように、大がかりなリフォームをしても喜ばれるとは限らず、そのまま売却の話を進めるのが基本です。ただ、リフォームをした方がよいケースもあり、室内があまりに汚い場合はリフォームは必須です。このようなケースでも大がかりなリフォームは不要で、壁紙が汚れていたりタバコが原因で変色しているなら、壁紙を張り替える程度で十分です。マンションの購入を考えている人は内覧で実際に現場を見に来るので、あまりにボロボロでは印象がよくありません。無理にリフォームして部屋をよく見せる必要はありませんが、最低限の見た目については整えておくとよいでしょう。壁紙を取り替える程度のリフォームなら金銭面での負担も少なく、十分な費用対効果を期待できます。

どの程度のリフォームをするかで費用は大きく異なりますが、キッチンやバスルームをリフォームをするなら200万円くらいする場合もあります。水回りは全体的に費用が嵩む傾向があるのですが、トイレや洗面台は高くても50万円程度でリフォームできるので、コストパフォーマンスの面で優れています。フローリングの張り替えの費用はさほど高くはなく、部屋の広さによっては10万円を切る場合も多いのです。壁紙の張り替えに関しては、平米やメートルあたりの単価で表されるのが普通で、実際にどれくらいのお金がかかるのか不明瞭です。それでも、壁紙の張り替えで10万円を超えるケースは少なく、10万円もあれば十分に見た目を改善できます。壁紙やフローリングは費用も抑えられるので、マンション売却前にリフォームに踏み切るのもよいでしょう。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.