売却と賃貸に出すのはどちらが得か、徹底比較

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 売却と賃貸に出すのはどちらが得か、徹底比較

売却と賃貸に出すのはどちらが得か、徹底比較

マンションを売却するか、賃貸として貸し出すのか、これは重要な選択肢です。転勤、単身赴任などで一定期間だけマンションを離れるなら賃貸を選ぶのも有効ですが、デメリットもあります。管理会社に任せずに敷金や礼金、家賃の集金などをすればかなりのお金が入ってくるものの、それだけ手間がかかるのが難点です。転勤や単身赴任で自宅を空ける人の場合は管理会社に任せるのが基本ですが、こちらだと管理会社の方にかなりお金を持っていかれます。何より大きなデメリットは、部屋に住む人がおらず無収入の期間が続く空室リスクがある点であり、マンションの場所によっては空室リスクは相当に高まります。必ずしも都心部の方が有利というわけではありませんが、地方の方が空室リスクが発生しやすいのは事実です。売却していればまとまったお金が入っていたのに、賃貸で貸し出すと決めたために全くお金が入らない、このような事態も十分に起こりうるのです。

また、賃貸に出せば以降は家賃収入を目的とした収益物件として扱われるので、売却する場合にも影響します。収益物件を購入するのは、家賃収入などを目的とした不動産経営者なので、普通のマンション売却とはまた評価が変わるのです。収益が十分にあげられるなら売却にも期待が持てるものの、そうでないなら評価も下がります。このようにデメリットが多い賃貸に出す方法ですが、一方で分譲マンションは賃貸マンションと比べてしっかりした作りなので、家賃が多少は高めでも入居希望者が見つかるケースも多いのです。また、管理費や固定資産税、住宅ローンの金利などを経費として計上できるのもメリットで、入居希望者がすぐに見つかるならマンション売却以上の収入も期待できます。

マンション売却は賃貸と違って長期的な収入はないものの、売却の話が進めばまとまったお金を手にできるのが魅力です。マンション売却でも、誰も購入する人がおらずに評価が下がるリスクはあるものの、それ以外のデメリットは基本的にありません。入居した人とトラブルが起きる心配もないので、賃貸に出す場合と比べるとリスクが少ないのが魅力です。リスクを覚悟で賃貸に出すのがよいか、それとも売却するのがよいか、これはその人の性格やマンションを手放す理由によっても変わるので一概には言えませんが、賃貸に出す場合は経営者側に回ることを意味します。そのため、不動産経営についての知識がないなら、マンションを売却する方が安全です。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.