住み替え時には「購入」が先か「売却」が先か

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 住み替え時には「購入」が先か「売却」が先か

住み替え時には「購入」が先か「売却」が先か

住み替え時に購入を先行するか、売却を先行するかは難しい問題です。資産にどれだけの余裕があるか、住宅ローンがどれくらい残っているかで答えは大きく変わります。まず購入が先のケースですが、資金に相当に余裕があり、仮に今のマンションが売れなかったとしても購入に影響しないなら新居を購入します。そして、新居の引き渡し後に引越ししてから、元のマンションの売却の手続きを進めるという手順です。問題なのは住宅ローンが残っていたり、住宅ローンはないが現在のマンションを売却しないと新居を購入できない場合です。このような場合は新居の契約に停止条件を付けるのが一般的で、停止条件とはある目標を達成するまでは法的な効力が発生しない条件のことです。

新居を購入する際に、現在のマンションの売却の話が一定期間内でまとまったらと停止条件をつけて、マンションの売却と同時に新居の購入を同時に契約します。仮に一定期間内で売却がうまくいかなかった場合、購入の契約は無効になるので、リスクを抑えて住み替えられるのです。一方で、マンションの売却が成功するかは不明瞭なことから停止条件つきの契約を嫌がる業者も多いので、新居の購入に支障が出る場合もあります。また、停止条件には期限が設定されているので、なかなか売却の話がまとまらない場合は交渉相手に足元を見られて買い叩かれるケースもあるのです。

売却を先に進める場合は、契約の進め方は購入を先に進める場合と似ており、売却が成立しなくても新居を購入できるだけの余裕があるなら、売却の契約を終えてから仮住まいに移り、それから新居を探せば問題ありません。売却しないと新居の購入ができないなら、一定期間以内の新居の購入に合わせる形で停止条件をつけて売却の契約を結びます。新居の購入に至らなかった場合は売却の手続きは無効になりますが、こちらの場合は契約の時点で売却の話はまとまっているので、焦る必要がありません。また、売却金額も確定しているので、新居の購入の際に計画を立てやすい点もメリットです。こちらのデメリットは、引き渡しのタイミングによっては仮住まいをする必要がある点で、ペットを飼っている家庭は仮住まいの選択肢がかなり限られます。それでもリスクが少ない売却を先行させる人が多いのですが、一戸建てを建てる場合や新築のマンションを購入する場合は事前に契約する必要があり、必然的に購入が先行でないといけません。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.