売却時には居住中よりも空き家の方が有利?

はじめてのマンション売却TOP >> 基礎知識 >> 売却時には居住中よりも空き家の方が有利?

売却時には居住中よりも空き家の方が有利?

マンションを売却する人が悩むポイントの1つが空き家にしてから売り出すか、居住中の時に売り出すかです。どちらも一長一短なのですが、居住中に売り出す場合のメリットは部屋を綺麗な状態に保てる点です。もちろん、常に掃除をしていることが前提条件ですが、ホコリは空き家ほど溜まりやすいので、居住中ならよりよい状態で内覧に訪れる人にアピールできます。また、居住中なら内覧に訪れる人と会話できるので、マンション購入を希望している人の生の声を確認可能です。マンション購入の希望者がチェックするポイントはそれぞれ違うものの、その声を確認して次に繋げることもできます。さらに、逆に内覧に訪れた人に対してアピールも可能で、実際に住んでいる人がどのようなところに魅力を感じたのか、どのようなところに問題があるかを伝えられるのです。空き家にしても内覧に訪れる人にスケジュールは合わせられるものの、かなり手間がかかります。そのため、興味を持った人に対してなるべく生の声をアピールしたいなら、居住中に売り出す方がよいでしょう。

空き家のメリットとしては、内覧希望者が殺到した場合の対応をしなくて済む点が挙げられます。立地条件などマンションの環境によっては内覧したい人が多く訪れる場合もあり、居住中だと対応だけで相当に時間をとられるのです。不在時の内覧に対応する不動産会社もあるものの、逆に断るところも多いので、駅近くなどの理由で人気が集まりそうなら空き家にしてから売り出すのも手です。また、空き家にしてから売り出すなら、あらかじめ部屋をリフォームして環境を整えられます。マンションが建てられてから相当に時間が経過しており、そのままでは売却することが難しい場合、リフォームするのも有効です。居住中でもある程度のリフォームはできるものの、空き家にしてからの方がリフォームの選択肢が広がります。また、単純に家具など部屋に置いているものが多い場合、部屋が狭く見えて評価が下がるので、空き家にして広い状態にするのが効果的です。

このように居住中、空き家の両方にメリットとデメリットがあり、さらに空き家にする場合には転居先の家賃も考慮する必要があります。それぞれのメリットとデメリットを比較した上で最終的な結論を出すのが重要で、不動産会社から言われるままに選択するのは避けた方が無難です。内覧希望者にどのような光景を見せたいか、それを最初に決めるのがよいでしょう。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.