離婚でマンションを売却する場合の注意点

はじめてのマンション売却TOP >> コラム >> 離婚でマンションを売却する場合の注意点

離婚でマンションを売却する場合の注意点

結婚生活がうまくいかないので離婚する、これも1つの選択肢です。購入したマンションをどうするかが焦点の1つですが、よくあるのが住宅ローンを払う夫が住み続ける、もしくは夫が出ていき慰謝料として妻が住み続けるパターンです。妻が住み続けるパターンでは、夫側が住宅ローンの支払いをやめてしまったためにマンションを差し押さえられるケースも珍しくはありません。夫が住宅ローンを払って住み続けるパターンでも、マンションが共有名義だったり妻が連帯保証人になっていると、一括返済を求められる場合があります。もちろん、トラブルもなく住み続けられるケースも多いものの、それなりにリスクもある選択です。

そのようなトラブルを防ぐためにマンションを売却するのも1つの選択肢ですが、売却の際の問題は住宅ローンです。マンションが夫婦の共有名義であろうと、連帯保証人が誰であろうと、マンション売却の価格がローンの残債を上回っているなら何の問題もありません。マンションを売却したお金でローンを一括返済し、あとは夫婦がそれぞれ新しい生活を始めるだけです。

しかし、マンションを売却してもローンの残債が残るようなら、普通にマンションを売却することはできません。マンションはそのままで離婚後も返済を続けるという手もあるものの、先の例のようにどちらかが支払いを滞ると共倒れになるケースも出てきます。特に、離婚後はお互いに収入面で苦労することが多いので返済が滞りやすく、結局2人とも自己破産を余儀なくされたといった事例もあるのです。共有名義、連帯保証人の問題でトラブルに発生しやすいマンション売却ですが、まずはどのくらいの価格で売却できるのかを知るところから始めましょう。

大抵の場合はローンの残債の方が上回るものの、それでもなるべく高値で購入してもらうために不動産会社を吟味する必要があります。それでも残債が上回り返済が難しくマンションの売却が不可能なら、信用情報に傷がつくものの弁護士に依頼して任意売却の手続きを始めるのも有効です。貯金があってローンの返済ができるようなら、即時買取や買取保証に対応している不動産会社を選ぶのも手です。即時買取は不特定多数に向けて売り出すのではなく不動産会社に買い取ってもらう方法で、買取保証はマンションが売れなかった場合に不動産会社に買い取ってもらう方法です。離婚前に住んでいたマンションに思い入れがなく、すぐに売却したいという人も多いので、確実に売却できる不動産会社を選ぶ人もいます。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.