共有名義マンション売却のお話し

はじめてのマンション売却TOP >> コラム >> 共有名義マンション売却のお話し

共有名義マンション売却のお話し

マンションを購入する場合は個人名義のケースが多いですが、中には共有名義で購入するケースもあります。もしくは、マンションを相続する際に何らかの理由で共有名義が採用される場合もあるでしょう。共有名義のマンションを売却する場合、個人名義の時と比べると遥かに手間がかかるのが難点です。個人名義の場合はマンションの持ち主が売りたいと思えば売却に向けての話を進められるものの、共有名義の場合は全員が売却に同意する必要があります。共有名義で何かを所有している場合、それが分けられるものならそれぞれの持ち分を個別に売却できるのですが、マンションの場合は分けられません。結果として、共有名義のマンションを売却する場合は全員が売却に同意する必要があるのです。

この全員の同意さえ集まれば、あとは個人名義でマンションを売却する場合と同じなのですが、意見が分かれた場合は相当に大変です。共有名義の人数に制限はないので、何人かでお金を出し合ってマンションを購入した場合のように人数が増えれば増えるほどに厄介です。また、兄弟のうち誰かがマンションで親と同居していて、親が亡くなってから残りの兄弟がマンションの売却を希望するのがよくあるパターンです。話が平行線をたどって全くまとまらず、トラブルにまで発展するケースも珍しくはありません。お互いに譲れないような状態なら話し合いで解決するのが難しく、弁護士や司法書士に相談が行くケースも多いのです。話し合いでも全く決着がつかないようなら、法律的には共有物分割請求訴訟という方法があるものの、誰もが納得するような円満な解決は望めません。

最近は夫婦でマンションを購入するケースが多いですが、これも離婚の際にはトラブルの原因になります。離婚自体が早期に決着するとは限らず、結果的にマンション売却の話もどんどん遠のくでしょう。マンションを購入する場合に共有名義だと売却の際に話がややこしくトラブルに繋がるので、なるべくなら個人名義の方が無難です。一応、共有名義でマンションを購入した場合には、住宅ローン控除をそれぞれ受けられるというメリットもあります。また、マンション売却の際には条件によって3000万円の特別控除が受けられますが、これも共有名義ならそれぞれ利用できるので、夫婦の場合は6000万円になるのです。意志が統一されているなら共有名義は税金面で有利なのですが、デメリットも大きいのでじっくり検討する必要があります。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.