売れない場合には値下げをすることも

はじめてのマンション売却TOP >> コラム >> 売れない場合には値下げをすることも

売れない場合には値下げをすることも

売りに出したもののまるで購入希望者が現れない、これはマンション売却でよくあることです。売れない理由は様々で、アクセスに難があったり店が近くにないなどの立地条件、周囲にライバルが多いなどが挙げられます。間取りが原因ならどうしようもありませんが、そうでないなら値下げすることで解決する場合も多いでしょう。立地条件に問題がある場合、その立地条件では絶対に購入したくない人もいますが、一方でもっと安ければ購入してもよいと感じる人もいます。近くにライバルが多い場合、立地条件ではそれほど違いがないので、安い方が魅力を感じるわけです。安ければ購入してもよいと感じる人は増える一方で、あまりに安くしすぎるのも問題です。最終的な売却価格が安く、ローンの返済に悪影響を及ぼすケースもあるので、計画性のない値下げには気をつける必要があります。

どうしてもすぐに売却する必要があるなら大幅な値下げも必要ですが、そうでないなら徐々に値下げを実施するのが普通です。不動産会社に依頼する場合は必ず査定がありますが、査定額より高い価格で売れるケースは稀です。どの不動産会社も何らかの根拠を持って査定しているので、それより高い価格で売れないなら値下げする方がよいでしょう。そのような場合は査定額に近い価格まで値下げするのがよく、この段階で様子を見守ります。それでも購入希望者が現れないようなら、その物件に何らかの問題があるか、不動産会社の宣伝が不十分ではないかと疑うことも重要です。例えば、部屋の中があまり綺麗ではなく、内覧者に対してマイナスのアピールをしているのはかなり問題があります。値下げをすると上げられないので、他に打つ手がない場合に値下げに踏み切る方がよいのです。

2回目の値下げをすると住宅ローンの方にも悪影響が出るものの、やるべきことをやって売れないようなら値下げするしかありません。不動産会社の査定額より値下げすれば非常に割安なのですが、場合によってはそれでも売れない物件もあります。そのような場合はマンション売却の話を考え直すのも選択肢ですが、どうしても売却したいなら不動産会社に買取を依頼するのも手です。相場と比べるとかなり安い価格にはなるものの、買い手が現れない場合の最終手段として使えます。値下げの幅、値下げのタイミングは非常に重要なので、売れなかった場合にどう値下げするかは不動産会社に依頼した時点で話し合うとよいでしょう。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.