マンション売却時には繰り上げ返済をすべきか

はじめてのマンション売却TOP >> お金のこと >> マンション売却時には繰り上げ返済をすべきか

マンション売却時には繰り上げ返済をすべきか

マンションの売却を検討しているけれどもまだローンが残っている、これはマンション売却では非常によくあるパターンです。このような時に繰り上げ返済をする選択肢もあるのですが、向いている人と向いていない人がいます。買い換えローンを利用すればマンションの売却で現在のローンの返済と同時に新たなローンの返済に入り、多くの人が利用するのはこのようなパターンです。細かいところでは若干の違いがあるものの、マンションを売却した資金でローンを返済するやり方です。このやり方の場合はマンション売却の自由度が下がることが多く、結果的に売れ残るケースも珍しくはありません。マンションの売却価格で返済を考えている以上、なるべく値下げしたくないと考えるのは自然なことです。しかし、値下げなしでは買い手が見つからず、結果的に返済の方に悪影響が出る場合もあります。

それに対して先に繰り上げ返済をしてからマンションを売却すれば、返済に追われる心配はありません。値下げに応じず強気に値段設定するのもよいですし、売れなさそうなら値下げに対応するなど選択肢が広がるのです。そして、毎月の支払いから解放されて精神的な余裕ができるのも大きなメリットと言えるでしょう。ローンの手数料は、繰り上げ返済であってもマンション売却と同時の返済であってもそう変わらないので、余裕があるなら繰り上げ返済をするのも手です。

繰り上げ返済のデメリットとして挙げられるのは、手持ちの資産の余裕がなくなる点です。資産的に余裕があるならローンをそもそも組まない、もしくは早期に返済するので、マンション売却時の繰り上げ返済を考えている人の場合は資金面でそれほど余裕はないのが普通です。ローンを返済すれば月々の負担があるのでメリットも大きいのですが、緊急時に使えるお金が減るのは難点です。人生には何があるか分からないので、急に大金が必要な場合は新たにローンを組まざるを得ない場合もあります。

住宅ローンは数ある借金の中でも特に金利が抑えられている商品なので、新たにローンを組む場合の利息は以前を上回るケースがほとんどです。すぐにマンションを売却する予定なら売却による収入に期待が持てるので、そこまで大きなデメリットではありません。しかし、時期は未定だけど何となくマンションを売却しようと思っている程度なら、まだ繰り上げ返済に踏み切らない方が無難です。どうしても繰り上げ返済をして借金から解放されたいなら、ある程度の現金は残るようにするとよいでしょう。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.