住み替え時のダブルローン(二重ローン)のお話し

はじめてのマンション売却TOP >> お金のこと >> 住み替え時のダブルローン(二重ローン)のお話し

住み替え時のダブルローン(二重ローン)のお話し

マンションを売却する場合に問題点としてよく挙がるのが、ローンの問題です。マンションを現金一括で買える人などほとんどいないので、必然的にローンが使われるのですが、ローンが残っていると抵当権は金融機関が持ったままです。マンションは担保としての意味合いがあるので、返済を終えないと抵当権を消すことはできません。子供が大きくなったなどの理由でマンションを売却し新居を購入しようとしても、売却価格のみでは厳しいのが実情です。そのような場合に使われるのがダブルローンで、これは現在の住宅ローンを残したまま新たな住宅ローンを組むやり方です。

ダブルローンなしだと売却のタイミング、購入のタイミングが限られるので、ダブルローンにより選択肢は大きく広がります。メリットもある一方でデメリットも多く、今まで以上に支払いが厳しくなる点が特に大きな問題です。さらに、現代では金融機関も貸し倒れのリスクを恐れるので、すでに住宅ローンを利用している状態で新たにローンを組むのは困難です。会社勤めをしており、過去のクレジットカードなどの返済に問題がなければ、1つ目の住宅ローンの審査は通過するケースが多いものの、2つ目は相当にハードルが上がります。よほどに給与がよいなど金融機関の評価が高いならともかく、そうでないなら審査で弾かれるケースも多いのです。金融機関によって審査の条件は異なるものの、現在のローンと新たに組むローンの年間の返済額が年収の35%程度に収まっているなら、ダブルローンの審査でも期待が持てます。

ダブルローンを組んでも、マンションの売却の話がスムーズに進めば支払いの負担はだいぶ抑えられるのですが、買い手がなかなか見つからないようなら大問題です。2つのローンの支払いに苦労していると、早くマンションを売りたくて安値で手放すケースもあります。立地条件などに問題があると、最悪の場合は年単位で売れないという事態も十分に起こりうるので、すぐにマンションの売却の話がまとまるというような楽観的な見方はせず、売れない場合に支払いを続けられるかをよく考えたいところです。必ずダブルローンが必要というわけではなく、ローンが残っている人に向けた買い換えローンを利用する選択肢もあります。マンションの売却、新居の購入を同時にする場合に使えるのが買い換えローンで、こちらはローンを一本化できるのが魅力です。ダブルローン、買い換えローンを比較した上で合っている方を選択するとよいでしょう。

>>マンションの売却は【不動産査定エージェント】の一括比較でスタート!

TOP

基礎知識

築年数別

お金のこと

コラム


Copyright (C) 2017 はじめてのマンション売却ガイド All Rights Reserved.